​腰の痛み

腰の痛みは、いつから、どこの部分が、どのような動きで、どのような痛みなのかを、評価して治療していくことが大切になります。

小中学生であれば、腰椎分離症なのか筋、筋膜性腰痛なのかを正確に判断していくことが重要です。

成人から中高年であれば、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症なのか筋・筋膜性腰痛なのかを鑑別することが大切です。

痛みの出る方の原因の多くは、常時不良姿勢や体の使い方の癖や問題、使い過ぎ、歩き方の問題などがあげられます。

症状によって経過は変わってきますが、症状が改善してきたら、運動によって再発しない体を作っていくことが大切になります。

​(鍼灸整骨院リプラスには、骨折を早く治す最新の医療機器を導入しております。早く社会復帰、競技復帰したい方はぜひご利用ください)

1/1